多汗症のボツリヌス療法について詳しく解説しています。

ボツリヌス療法の効果とは?

多汗症の治療法の1つに、ボツリヌス療法があります。ボツリヌス菌は天然のたんぱく質をつくります。その成分を腋下等に注射をする方法です。

注射の時間は5分程度で、4ヶ月~9ヶ月くらい効き目が持続します。つまり一年で2回の施術を受ければ多汗症の症状が出にくくなります。

また、最近この治療法は保険適用ができるようになっています。重度の場合に限られるようですが、多汗症治療で悩む多くの方がボツリヌス療法を受け始めています。

保険適用が開始されたばかりの時は、登録医がゼロの地域もあったようですが、現在は全国で2000人以上の登録医と、施設は300以上になって、どの都道府県でも施術を受けることができるようになっています。

自由診療の場合はかなり費用が高くなりますので、美容クリニックなどで継続している方にもやはり利用しやすくなったのではないでしょうか。

ボツリヌス療法の他には外用薬治療やイオントフォレーシスなども受ける方が多いですが、治療は簡単でも効き目が1週間程度とかなり差があります。また外科手術として胸部交感神経遮断術も有効ですが、どうしても怖いという方もいます。

ボツリヌス注射はしわ取りでもよく用いられますが、汗腺をブロックする効果もあります。特に発汗に我慢ができない方や、日常生活に支障が出る程の発汗が認められる方には有効とされています。注射後3日程度で効き目が現れます。通院は不要、日帰りで短い施術時間で済みます。

多汗症になるとストレス過多、ホルモンバランスの乱れ、そして他の病気になる可能性も大です。交感神経の調子が悪い方はできるだけ早めに処置を受けなければなりません。

また久保田式多汗症改善プログラムもとてもお薦めの治療法です。この治療法はボツリヌス療法とは違い、根本から多汗症を治すことができますので、一度実践すれば何度も治療を受けなくても病状を完治することができます。

また、多汗症で悩んでいた延べ2万人以上の方がこのプログラムで病状を根本から改善し、元の日常生活に戻ることができています。

多汗症を根本解決するためのプログラムであり、何の不安もなく治療を続けていくことが可能ですので、多汗症で悩んでいる方は一度実践することをお薦めします。

詳しい内容は下記よりご案内していますので、一度詳細をご覧になってみてください。きっと、このプログラムがあなたを悩ませている病状を完治する第一歩になるはずです。

>>多汗症を7日間で改善するプログラム 久保田式治療法はこちらから



多汗症を7日間で治すことができる
久保田式治療法はこちら


治療ページ1


Copyright © 2017 多汗症を治す会 All Rights Reserved.