多汗症にミョウバンは一時的な効果しかありません。

ミョウバンの効果とは?

多汗症にはミョウバンが効果があると言われています。ミョウバンは水に溶けて酸性化するため、菌の増殖を抑えて臭いも抑えることができます。

臭いの原因はアルカリ性で、酸性と化学反応を起こして臭いを中和するというわけです。またアンモニアは特に悪臭ですが、このアンモニアにも反応して臭いを消します。


また、ミョウバンには肌を引き締める作用もあります。肌のたんぱく質に保護膜を形成しますので、肌の角質層をスベスベにしてくれます。

またミョウバンの使用方法としては、ミョウバン石鹸も出回っていますが、自宅で気軽にミョウバン水を作ってみるのがお勧めです。焼きミョウバン50グラムに対して水道水1.5リットル程を溶かし、それをまた水道水で薄めて使用します。

また汗の量が多い場合は原液のままで使用してもいいと思います。ミョウバンはすぐには溶けませんので、2日程度日陰に放置しておきます。

また原液はできるだけ涼しい場所に保管するようにします。消臭効果があり、制汗にも効果がありますので、洗顔でも、局所に塗ってもいいですし、入浴時にお風呂に入れて半身浴などもいいと思います。

ミョウバン水は古くからデオドラント剤として利用されてきたもので、日本人には特によく効果が高いと言われています。外人の体臭はきついといいますが、日本人の場合はそうでもありません。朝一回使用すれば夜帰るまで持続できる例も多いようです。

ミョウバンはスーパーや薬局にも50グラム100円程度で置いてあると思います。殺菌、制汗、収斂等たくさんの作用があり、とても便利な品物です。

しかし、ミョウバン水では対処療法に過ぎません。一時的に汗や臭いを抑えることができても、根本を絶たなくては多汗症を治すことはできません。

もしあなたが、ミョウバン水で対策していてなかなか良い治療法が見つかっていないのであれば、当サイトでお薦めしている「久保田式多汗症改善プログラム」を一度実践してみてください。

このプログラムを実践すれば、ミョウバン水もすぐに不要になります。とにかく実践してからの改善が早く、そして根本から原因を解決しますので、手術よりもためになる治療法として人気があります。

害のあるものは使用せず、身体へのダメージもまったくありませんので、とてもお薦めしたい治療法です。

詳しい内容は下記よりご案内しておりますので、まずは一度詳細を確認してみてください。この久保田式多汗症改善プログラムが、あなたを悩ませている病状の終止符を打ってくれるはずです。

>>多汗症を7日間で改善するプログラム 久保田式治療法はこちらから



多汗症を7日間で治すことができる
久保田式治療法はこちら


治療ページ1


Copyright © 2017 多汗症を治す会 All Rights Reserved.