多汗症を治すのに超音波治療にはリスクがあることを知ってください。

超音波治療の効果とは?

多汗症の治療法といえば、ボトックス、塩化アルミニウム溶液、外科手術等色々ありますが、最近は超音波治療も主流になっています。

超音波を利用して汗腺を除去する治療法ですが、発汗が止まる確率はかなり高いと言われています。

しかし、汗腺を除去することで副作用として代償発汗が出る可能性もあります。

ですので、安易に受けることはお勧めしません。リスクをきちんと理解し、医師としっかり相談した上で受けるようにしてください。

超音波と従来の方法の違いとしては、汗腺を根こそぎ除去できることです。ですので、汗の量が多い場合は効き目もかなり実感できますが、汗のレベルが1~2の場合は他の方法を選択する方が賢明です。

超音波はその振動を皮膚に当てるのが基本になりますので、簡単な施術で済みます。エクリン汗腺を破壊することができ、汗、臭いについても抑えることができます。

また皮膚直下に管を挿入してから汗腺を除去しますので切開が必要になりますが、数ミリ程度の内視鏡と同じくらいの大きさの傷になります。

合併症の可能性は低く、後遺症などの心配もほぼないとはいわれていますが、ゼロではありません。設備が整っていなかったり施術の腕前が未熟だったりすると傷や痕が残ることもあるようです。

また、超音波メスを使用する術式もあります。出血がわずかで、必要な組織だけを選択して破壊・吸収します。またワキガが広範囲に及ぶような場合にも適しています。抜糸後2ヶ月程度は皮膚が硬かったり、つっぱったりするようです。

しかし、どんな手術であれ体にメスを入れるということは、傷跡が小さくても体に負担をかけますし、術後の合併症や後遺症がないとはいいきれません。やはり手術はそれなりのリスクがありますから、お勧めできるものではありません。

多汗症を改善するのであれば、できるだけ体に負担をかけずに自然に治していく方法をお勧めします。当サイトでお勧めしている「久保田式治療法」は人間の自然治癒力を上手く利用して多汗症を治していきますので、体に負担をかけることはありません。

また、既に延べ2万人以上の方がこの自然療法で多汗症を改善していますので、きっとあなたが悩んでいるその症状もこの久保田式治療法で自然と改善できるはずです。

詳しい内容は下記よりご覧いただくことができますので、手術を受ける前に一度詳細を確認してみてください。きっと、この治療法があなたを悩ませている症状を改善させてくれるはずです。

>>多汗症を7日間で改善するプログラム 久保田式治療法はこちらから



多汗症を7日間で治すことができる
久保田式治療法はこちら


治療ページ1


Copyright © 2017 多汗症を治す会 All Rights Reserved.