医療ページです。

  • TOP
  • »
  • 医療ページ

医療ページについて

多汗症とホルモンの関係について

多汗症はホルモンの状態と関係があると言われています。ホルモンの分泌をコントロールしているのは脳の視床下部という組織ですが、これは自律神経をコントロールする組織でもあります。

つまりホルモンバランスが崩れれば、自律神経のバランスも崩れ、そのことで体温を調整する機能が低下してしまって多汗症になる、ということになります。男性ホルモンは発汗を促す作用を持ち、女性ホルモンは発汗を抑える作用を持っていると言われています。

また更年期になると女性ホルモンが減少し、汗を多くかいてしまう方がよくいますが、男性ホルモンがどうしても優位に立ってしまうからです。発汗量があまりにも気になるような場合は、婦人科で女性ホルモンを補充するための治療を受けることが可能です。

更年期で異常な量の汗が出る場合、そのことがストレスになってしまい、寝不足、不眠などが起こりやすくなります。このような症状が続く場合は病院で診てもらうことが大切です。

多汗症ではよく皮膚科、形成外科、ペインクリニックなどで診てもらう方が多いですが、更年期の症状であれば婦人科がお勧めです。

また婦人科でなかなか改善されないという場合は、精神性の多汗症の傾向が強い場合もそうですが精神科でカウンセリングを受けてみるのがよいと思います。

多汗症の原因は色々なものがありますが、ホルモンのバランス異常による多汗症は特に最近多くなっているようです。また特に女性は要注意ですので、普段からストレスを解消したり、身体をあたたかい状態に保っておくことが大切です。

多汗症を7日間で治すことができる
久保田式治療法はこちら


Copyright © 2017 多汗症を治す会 All Rights Reserved.