多汗症の手術費用はおよそ10万円が相場となっています。

費用について

多汗症で手術を受けるとなると気になるのが費用だと思います。多汗症が改善できるかどうかももちろんですが、費用が高すぎる場合はなかなか受けることができません。

保険が効くかどうかもやはり気になりますが、3割負担で可能な病院がほとんどです。

一般的な術式として「胸腔鏡下交感神経節切除術」がありますが、この場合、どこの病院でも3割負担で8万円程度になります。

片側、あるいは両側の多汗症でも同じ程度の額になります。両側か片側かについては、たとえば交感神経遮断の手術の場合、片側だけを遮断すれば片側の汗のみが停止することになります。

また代償性の発汗が起こる場合でもその量は半分で済みますので、まずは片側だけ受けてみるという方は多いようです。ただし費用は同じかというと、2回受ける場合は日数が倍になり、費用も倍になります。

手術時間については10分~20分程度ですので、麻酔はしますがトータルで1時間以内で終わります。では入院は必要なのかというと、入院となると費用がかかりますのでこれも気になりますが、多汗症で手術を受ける方の約3割程度が1泊入院されます。

ですが、術後休憩を取り体調に問題が無いようであれば日帰りも可能となります。割と高い病院でも日帰りで10万円程度、1泊しても12万円程度になります。

また高額療養費制度を適応することも可能ですので、自己負担限度額を超えた額が戻ってきます。この場合は事前に認定証を交付されていることが条件になります。

術後の検査などについては、特別な症状の変化等が無ければ再検査等も不要です。またどれくらい効果があったか、副作用の有無等が気になる場合は検査を受けることができます。

しかし、手術に抵抗があるという方は多くいます。体にメスを入れるわけですから、抵抗があるのは当然のことです。

もしあなたが、手術は怖い、抵抗がある、と思っているのであれば、「久保田式治療法」がお薦めです。この治療法は人間が本来持っている自然治癒力だけを使って多汗症を改善していく方法ですので、体にかかる負担はありません。

また、既にこの方法で累計2万人以上の方が手術をせずに多汗症を改善している実績もあります。ですので、あなたのお悩みもこの久保田式治療法で解決できるはずです。

詳しい内容は下記よりご案内しておりますので、まずは一度ご自身の目で詳細をご覧になってみてください。きっと、この方法があなたを悩ませている多汗症を改善する第一歩に繋がるはずです。

>>多汗症を7日間で改善するプログラム 久保田式治療法はこちらから




Copyright © 2017 多汗症を治す会 All Rights Reserved.