多汗症や注射のことで相談がある方は当サイトへお問合せください。

注射について

多汗症の治療法にも様々ですが、手術をするのはどうしても避けたい、と考える患者さんがよく利用するのが注射による方法です。

代表的なものはボトックス療法と呼ばれ、ボツリヌス菌という菌を打つことで交感神経の働きをブロックする方法です。

これによって汗を分泌するアポクリン腺やエクリン腺などの汗腺の働きを抑えることができます。

またあくまでも一時的に抑える方法であり、半年程度に1回の割合で受けている方がほとんどです。効果が短ければかなり短く、長ければ1年と開きが大きいですので、初めて受ける場合は、症状を抑えたい状況によって時期を検討することも大切です。

またボトックス療法は多汗症だけではなく、ワキガにも効果が高いと言われていますが、対象となる発汗部位は腋だけではなく、手の平や足の裏などにも効果があり、効果の期間は短くても、かなりグッと抑えられた、という方も多いようです。

自律神経のうちで交感神経をブロックしますので、やはり緊張が続くと汗が出てしまうような精神性の多汗症に効きめが高い方法です。

このようにボトックス療法は手術をするわけではないので、非常に手軽に受けることができ、体に後も残らず、残っても直後から針の痕は引いていきます、また痛みもほとんどありません。

また他にはブロック療法もあります。星状神経節ブロック療法と呼ばれ、こちらも交感神経をブロックする方法ですが、足裏等の多汗症には効果が期待できません。

また、効果が出るまでに複数回治療が必要だったり、症状の改善にも個人差がありますが、多汗症だけではなく、交感神経の影響による広範囲な症状が改善されるというメリットがあります。

しかし注射はあくまで一時的に症状を抑えるものに過ぎません。根本的に多汗症を完治したいなら「久保田式治療法」がやはりお薦めです。

この方法では延べ2万人以上の方が短期間で症状を改善され、元の日常生活に戻ることができています。きっと、あなたが抱えている悩みも解決することができると思いますので、一度詳細をご覧になってみてください。

>>多汗症を7日間で改善するプログラム 久保田式治療法はこちらから




Copyright © 2017 多汗症を治す会 All Rights Reserved.