多汗症の検査方法についてお話しています。

検査方法について

多汗症をしっかり治すためには、正しい検査を受けることが大切です。また検査方法にもいろいろで、例えばX線検査、血液検査などが用いられます。

検査の前には問診も行われます。これは甲状腺疾患等の病気が原因であるかどうかを特定するためにも大切です。

他には身体全体の多汗症か、手や足裏などの部位の特定、また体力測定や、生理的な汗なのかどうか、紙を使用した汗の量の検査などがあります。体力を測定するのは、自律訓練などの治療法が可能かどうかを知るためにも大切です。

また手のひら、足裏、足指などに汗が多い場合はほとんどが精神的な多汗症です。病院で検査を受け、この可能性が高いとなった場合、量が多い場合は薬を投与したり、また初期の場合は精神科に回されることがあります。

また腋下の多汗症の場合は、耳垢の検査、下着の黄ばみの度合いのチェック、遺伝の傾向についてのチェック、毛深いかどうかのチェックなども行われます。

白血病を検出するために使用されるCBC、糖尿病用の血糖値測定、甲状腺不全のためのスクリーニング等も行われることがあります。

またあまり一般的ではありませんが、汗の量をしっかりと測定するための方法として、ヨード、つまりイソジンやでんぷんを使用して検査することもあります。

この方法は手術やボトックス注射をした後でその効き目がどれくらいなのかや、成功したかどうかを知るためにも有用です。

このように多汗症を治療する場合、いろいろな検査をしてから治療に入ります。治療法としては薬剤投与、精神訓練、自律訓練等の他には腰痛や膝痛などでよく使用される神経ブロック注射もあります。

このように多汗症を治すための治療法はいろいろとありますが、多汗症をしっかりと完治したいのであれば、「久保田式治療法」が確実です。

今までに延べ2万人以上の人達がこの治療法で症状を改善している実績があり、また症状の軽い人であれば1週間程の短期間で改善しています。

詳しい内容は下記よりご案内していますので、多汗症で悩んでいる方は一度詳細をご覧になることをおすすめ致します。

>>多汗症を7日間で改善するプログラム 久保田式治療法はこちらから




Copyright © 2017 多汗症を治す会 All Rights Reserved.