多汗症は自分でテストすることができますので一度やってみてください。

テスト方法について

多汗症かどうかを知るためには、自己診断テストが便利です。

また病気の自己診断テストというと色々な種類がありますが、多汗症の場合はかなりシンプルな内容になりますので、誰もがチェックしやすいと言えます。

具体的なテスト内容としては、まず遺伝的要素をチェックします。

両親がわきがや多汗症だったりすると、子供に遺伝する可能性が大きく、理由としてはアポクリン汗腺の数が遺伝しやすいからです。また両親だけでなく、親戚に多い場合にも要注意です。

また耳垢が湿っているかどうかもポイントです。外耳道にはアポクリン汗腺が多く、湿りによって汗の量が多いことがわかります。

腋の毛の量が多い方は、腋の毛穴を通って分泌される汗が多いことになります。つまりアポクリン汗腺がたくさん分布していますので、多汗症になりやすいと言えます。

シャツに黄ばみができることが多いとか、腋下などが臭うという場合も要注意です。汗に混じっているたんぱく質や脂質、鉄分などが多いと黄色い染みになります。

他にも自分の臭いがいやなものだとわかる場合や、普段不潔にしているわけでもないのに他人から臭いを指摘されたことがある場合、肉類が好きで脂肪分が気になる場合、腋下を鏡で見ると茶色くみえる場合、アルコールが好きな体質の場合、緊張する場面でよく汗をかく場合なども要注意です。

自己診断する方法にはこのようにたくさんあります。また病院でもテストを受けることは可能です。場合によっては病気による多汗症の可能性もありますし、いろいろな可能性についてスムーズに検査を受けることができますので、できれば病院で一度テストを受けるのがお勧めです。

精神的な原因についても、自分1人ではなかなか判断しずらいと言えます。多汗症は自然に治すのが一番です。またこのためには「久保田式治療法」がお勧めです。

ストレスを感じたり、恥ずかしい思いをしたりすることなく、自分のペースで改善できますし、既に累計で2万人以上の方がこの方法で多汗症を改善していますので、あなたの症状もきっと改善されるはずです。

詳しい内容は下記よりご覧いただくことができますので、多汗症で悩んでいる方は一度詳細をご覧になってみてください。きっと、この久保田式治療法があなたを悩ませている症状を改善する第一歩に繋がるはずです。

>>多汗症を7日間で改善するプログラム 久保田式治療法はこちらから




Copyright © 2017 多汗症を治す会 All Rights Reserved.