多汗症に関するニュースページです。

  • TOP
  • »
  • ニュース配信

多汗症に関するニュースをお伝えしています

現在新しいニュースは入っておりません。

夏と冬の多汗症について

多汗症というと夏場はとくにやっかいだろう、と考える方は多いようです。しかし実際に多汗症を持っている方は、夏と冬を比べても大差無いとか、逆に冬場のほうが大変だとよく言います。

まず汗は暑い時だけかくということはありません。またこのタイプの汗もありますが、温熱性発汗と言い、運動した後などにもかきます。他には精神性発汗があります。これは多汗症の中でも多い汗で、人前で緊張したり、ストレスを感じたりした時によく出ます。

温熱性発汗については、多汗症の方でも確かに暑くなれば多くなりますし、涼しかったり寒い場合は量は減ります。しかし緊張性の汗はほとんど季節に関係がありません。

冬場に汗がたくさん出るとしたらどうでしょう。デスクワークしている最中にも汗が手から出たり、それが滴ったりするとなると、やはりやっかいなものです。

外気が寒いため汗も冷えやすくて寒さがいっそう増します。冷え性の方が多くなっていますが、ますます手足等が冷たくなってしまいます。冬なのに氷水につけたような感覚を覚えたりもしますし、しもやけになる方も多いようです。

また冬場は多汗症の汗に臭いも気になるものです。コタツやストーブが効いている室内に、多汗症の方がいた場合、密閉された室内ではかなり臭いが充満します。

また人間には基礎代謝が備わっていますが、この代謝機能は冬のほうが活発になります。つまり動いてもいないのに代謝が高い状態だと汗が出やすくなります。

冬場は基礎代謝が高くなりますので、熱をあまり出さないような食事を心がけることも必要になります。暑いなべやお肉料理を食べたいのに食べれないということになります。

人間の身体は暑さに対抗するように出来ていますが、寒さには無力と言えます。やはり冬の多汗症はかなり辛いものです。冬場は自然治癒をしっかり考えて実行してみるのがよいかもしれません。

多汗症を7日間で治すことができる
久保田式治療法はこちら


Copyright © 2017 多汗症を治す会 All Rights Reserved.