多汗症を改善する食べ物について知りたい方はこちらのページをご覧ください。

改善を望める食べ物

多汗症を完治させるには、まずしっかりと適切な治療を受けることです。

また治療方法にも色々ですが、多汗症にも様々なタイプがあり、それぞれに最適な方法を吟味していくことが求められます。

ストレスからくる多汗症であれば、精神的な部分を改良し、病気が原因となる続発性のものであれば原因を治すことに尽きます。

では、食事面ではどうなのか、まさにどんな病気でも医食同源、この言葉は多汗症にも当てはまります。

多汗症患者さんは、とにかく汗をかいてしまうことに反応が敏感になります。つまり食事の際にも汗は出ますが、刺激の強いものを食べれば余計に汗が増えてしまいます。

まずは香辛料を多く含むものを摂取しないようにすれば、汗が出るタイミングもかなり減らすことができます。他には肉類や天ぷら、脂っこいものは、体液を酸性化する作用があり、汗の臭いが強くなりがちですので、このような食べ物も避けるべきです。

臭いにより、ストレスが増えるのももちろん、症状悪化の原因になりますので、できるだけ脂質を抑えることも大切です。

そして、発汗に関わるホルモンにも注目すべきです。そして、女性ホルモンには発汗を抑える作用があり、このホルモンに似た成分を食事から摂るためには豆類が効果的です。成分の正体は大豆でも納豆でも、豆腐などにも多いイソフラボンです。

つまり、多汗症改善に効果的な食べ物とは大豆類に含まれているイソフラボンです。イソフラボンは更年期障害や骨粗鬆症、癌にも予防として効果が期待できますし、女性ホルモンですから美容にも効果的です。

また、夏場は特に汗が多くなる季節です。香辛料好きの方にとってはかなりうれしい季節とも言えます。ですが、ちょっとした油断で香辛料の食事に手を出してしまうと、一気に汗が増える可能性もありますので、注意が必要です。

ここまでお伝えしてきたように、多汗症に効果のある食べ物はあります。しかし、あくまで一時的に症状を抑えるだけのものにしかならないということも知っておいてください。

多汗症を根本から完治するには、当サイトがお薦めしている「久保田式治療法」しかありません。この方法で延べ2万人以上の患者さんが短期間で症状を改善されております。

1日も早く症状を完治し、好きなときに好きなだけ、好きな食事が取れるように、「久保田式治療法」を1日も早く実践され、症状を改善されることがお薦めです。

>>多汗症を7日間で改善するプログラム 久保田式治療法はこちらから




Copyright © 2017 多汗症を治す会 All Rights Reserved.