多汗症の遺伝の秘密について色々とお話ししております。

遺伝について

多汗症は遺伝するのか、子供を産む女性などは特に悩みがちなことだと思いますが、まず具体的にこれくらいの確率で、というデータはほとんどありません。

また、ワキガの場合は、両親がともに持っている場合は7割、そして片方の場合は4割、とかなり高い数値を示しています。

このことから考えるとかなりの確率で多汗症は遺伝するケースがあるのかもしれません。

もっとも一般的な多汗症は自律神経の異常から来るものであり、このケースでは皮膚科を受診して、治っている方も多いと言われています。

自律神経の異常とはどのようなレベルの異常かを考えた場合、神経がもともと弱かったりするわけではなく、もっとメンタルな部分が大きく影響しているケースが多いと言われていますので、親から受け継ぐメンタルな部分によって多汗症になりやすくなる、ということになります。

つまり多汗症になってしまうような資質を受け継ぐわけですが、親と一緒に育てばそれだけその資質も大きくなってしまいますので、ある程度はしょうがないことでもあり、またある程度ケアすれば症状を発症しないとも言えます。

また、多汗症は約100人に1人の割合で見られる病気、あるいは体質だと言われています。また、ストレスが多いことから現代人の発症者はどんどん増加していると言われています。

このことからも、今後発症する方の割合が徐々に増えていく可能性が高いと考えられます。現状は手術でも再発率が高いと言われていますし、根本的な治療法が人によっては望めないケースもあります。

しかし、当サイトでお薦めしている「久保田式治療法」は、ほとんどのタイプに対応することができ、しかも短期間で症状を完治させることが可能な方法です。

この方法で延べ2万人以上の患者さんが症状を完治させ、元の日常生活に戻ることができています。

もしあなたが、今まで色々な方法を試してきたが、何をやっても治すことができなかったと悩んでいるのであれば、「久保田式治療法」を一度実践してみてください。あなたが今抱えている悩みは解決することができるはずです。

>>多汗症を7日間で改善するプログラム 久保田式治療法はこちらから




Copyright © 2017 多汗症を治す会 All Rights Reserved.