多汗症の症状でお悩みの方はこちらのページを一度ご覧ください。

症状について

汗は体温調節に必要な量出るのが正常な状態です。これに対して多汗症になると、必要以上に汗の量が多くなってしまいます。

また単に汗の量が多いだけでは多汗症であると断言できませんが、日常生活に支障が起こるほどの状態を呈する場合、疑いを持つべきです。


この病気は大きく分けて2種類に分類されます。1つは「全身性多汗症」、これは全身の汗が増えてしまう状態です。これに対して部位ごとに多いところがあるものを「局所性多汗症」といい、主には手や足の内側、腋の下や頭などに頻度が高いと言われています。

以上は部位別の分類になりますが、原因によって分類をした場合は、続発性タイプと原発性タイプに分けられます。

続発性タイプの場合は、例えばパーキンソン病、脳梗塞、甲状腺機能亢進症などが原因となって続発するものであり、もう1つの原発性タイプは、原因が明らかでないと言われています。

その他、部位別分類の中にはそれぞれの名前があります。掌であれば手掌多汗症、また足の裏であれば足蹠多汗症、その他の腋の下や頭部の他に、顔面から過度に出てしまう顔面多汗症もあります。

多量に汗をかきすぎている、という場合を除き、症状から考えて突き詰めていくタイプの病気ではなく、その原因から探ることが大切である、という比較的珍しい病気です。

例えばストレスや緊張、不安感、またはホルモンの乱れもありますし、肥満、遺伝なども考えられます。ですが、一番多いのが交感神経による乱れと言われています。

特に神経質の方や人に気を遣ってしまう方、ストレスを溜めやすい方などに多くみられる傾向にあり、真面目な人ほどかかりやすい病気とも言われています。

多汗症で悩んでいる方は非常に多く、その中で対処方法や治療方法が分からず、ずっと1人で悩みを抱えてしまっている方が多いとも言われています。

もしあなたが1人で不安を抱え、ずっと悩んでいるのであれば、当サイトでお薦めしている「久保田式治療法」を実践してみてください。この治療法を実践された2万人以上の方が既に症状を完治され、通常の日常生活に戻ることができています。

きっと、この「久保田式治療法」があなたの症状を完治する第一歩に繋がると思いますので、今すぐ詳しい内容をご覧になってみてください。

>>多汗症を7日間で改善するプログラム 久保田式治療法はこちらから




Copyright © 2017 多汗症を治す会 All Rights Reserved.