多汗症のタイプを知りたい方はこちらを参考にしてください。

多汗症のタイプについて

多汗症にはいくつかのタイプがあります。あなたがどれに属するかによって治療法が異なってきます。まずは自分がどの多汗症に当てはまるかを確認してみてください。

その1 気にしすぎ多汗タイプ

汗が通常の方よりも多いのですが、気にしすぎというケースも確かにあります。冬場でも靴の中がびっしょりになってしまったり、タオルがかかせない場合には対処が必要となってきます。

ですが、そこまでひどく無いという方は気にしすぎの可能性があります。ただ、ご本人が気になるようでしたら、改善することをおすすめしています。

その2 内臓の多汗タイプ

どこかの内臓が弱っていると、多汗症になることがあります。個人差があり様々なケースがあるので、単純にどこが弱っているのかは診てみないとはっきりと分かりませんが、もし内臓に原因がある場合は、緊急の対処が必要となることがあります。

その3 交感神経の多汗タイプ

多汗症の他に、頭痛やめまいといった症状が出ることがあります。その場合のほとんどのケースが交感神経が原因です。

だるさや疲労感を強く感じる方もこのケースに当てはまり、長年蓄積された疲れ・疲労からくることが多いです。ストレスを強く感じたり、不規則な生活が続くと、多汗症を発症するケースもあります。

さて、タイプが分かったところで、その原因を探りましょう。原因が分からなくては対策のしようがありません。問題点が分かれば解決したようなものです。以下から対策についてご説明していきます。

その1 気にしすぎ多汗タイプ

多汗症の他に、頭痛やめまいといった症状が出ることがあります。その場合のほとんどのケースが交感神経が原因です。

だるさや疲労感を強く感じる方もこのケースに当てはまり、長年蓄積された疲れ・疲労からくることが多いです。ストレスを強く感じたり、不規則な生活が続くと、多汗症を発症するケースもあります。

さて、タイプが分かったところで、その原因を探りましょう。原因が分からなくては対策のしようがありません。問題点が分かれば解決したようなものです。以下から対策についてご説明していきます。

その1 気にしすぎ型の対策方法

ご自分で気にしすぎと納得できれば問題はありませんが、多汗症で生活に支障が出ている場合などは改善が必要となってきます。

まずは、リラックスできる環境を見つけて気分転換をしてみてください。どうしても気になるようでしたらチェックリスト等を使って、多汗症レベルを測ってみるといいかもしれません。

その2 内臓型多汗の対策方法

自覚症状として、体のどこかに痛みや重さを感じている場合には、すぐに病院へ行かれることをおすすめします。

特に自覚症状が無い場合には生活等を見直すことで治るケースも多いです。ストレッチ体操などを続けることによって、多汗症が改善されたケースもあります。

ですが、何度も言うように原因点をきちんと見つけ出し、根本から治していくことが1番の近道です。

その3 交感神経型の対策方法

ほとんどは、疲れ・ストレスで多汗症が発症している可能性が高く、自律神経やリンパ節が弱っている可能性があります。最初に神経系統の乱れを回復させてから、多汗症の改善を行わなくてはいけません。

この交感神経型多汗タイプは、いきなり治療をはじめてもほとんど効果がなく、自律神経やリンパ節のバランスを回復することからはじめる必要があります。
さて、あなたの原因がわかりましたか?中間に位置する方は、ふたつの要因が絡み合っていますので複雑に見えますが、ひとつひとつ対処すれば問題ありません。

多汗症には様々な原因が考えられますが、当サイトでお薦めしている「久保田式治療法」を実践すれば何の問題もありません。

今までに延べ2万人以上の患者さんが短期間で症状を改善され、元の日常生活に戻ることができています。

もし、多汗症で悩んでいるのであれば、「久保田式」を実践してみてください。きっとあなたが今抱えている悩みは、この治療法で解決できるはずです。

>>多汗症を7日間で改善するプログラム 久保田式治療法はこちらから




Copyright © 2017 多汗症を治す会 All Rights Reserved.