多汗症の方は恐れずに運動を行ってみてください。

運動はしてもいいのか?

多汗症は運動で改善することがあります。運動すれば汗がますます増えてしまうので、逆効果ではないかと思われる方が多くいます。

ですが、運動によってよい汗をかけば、身体に蓄積しているストレスや乳酸などを取り除くことができ、嫌な臭いの汗をかかないようになっていきます。

また運動は肥満傾向を和らげることにもつながります。肥満の方に多いのが多汗症ですから、痩せれば改善する可能性は高くなります。

肥満になると、皮下脂肪が増えます。そして熱を逃がす機能が減りますので、どうしても汗をかいて体温をコントロールしようとする傾向が強くなります。皮下脂肪を燃焼させれば、無駄な汗をかかなくても体温調整ができるようになります。

ではどのような運動方法がよいのか。ハードな無酸素運動とリラックスしてできる有酸素運動、どちらかといえば後者のほうがお勧めです。

つまり日常的にできる運動とも言えますので、多汗症にかかっている方全てにお勧めの運動です。たとえばウォーキングが流行っていますが、ウォーキングでも問題ありません。

有酸素運動によって酸素をたくさん取り込めるようになれば、交感神経の働きが良くなってリラックスする時間が増えますので、多汗症の原因が神経にある方にはとくにお勧めです。

サイクリングもいいですし、慣れている方にはジョギング、ヨガなどもお勧めです。特にホットヨガは通常のヨガに比べて大量に汗をかきますのでお勧めです。

有酸素運動は他にも色々な効果を発揮します。ストレス解消、ダイエット、スタイルアップ等にもよいですから、仕事のストレスが溜まっている方や、肥満で悩んでいる方で多汗症の気があると感じている方にもお勧めです。

多汗症には色々な治療方法があります。当サイトでご紹介している「久保田式治療法」もその一つです。他の治療法と違うところは、まず多くの実績があること、既に累計2万人以上の方がこの治療法で症状を改善しています。

また、自然療法をメインとしていますので、薬をたくさん服用したり手術をすることもありませんから、身体に負担を掛けずに症状を改善することができます。また、早い人であれば1週間程度で症状を改善してしまう方も多く、即効性にも優れています。

詳しい内容は下記よりご覧いただけますので、まずは一度詳細を確認してみてください。あなたが悩まれている病状はこの治療法で解決されていくはずです。

>>多汗症を7日間で改善するプログラム 久保田式治療法はこちらから



多汗症を7日間で治すことができる
久保田式治療法はこちら


治療ページ2


Copyright © 2017 多汗症を治す会 All Rights Reserved.