多汗症を治すなら東洋医学がお薦めです。

東洋医学について

多汗症の治療法にも色々ありますが、大きく分けると西洋医学と東洋医学があります。

西洋医学は対症療法とも言われ、薬や注射などを使用して症状を緩和させることを考えますが、東洋医学では対照的に根本から治すことを考えます。

また最近は病院やクリニックなどの西洋医学中心の場で東洋医学が見直されてきているようです。

大学病院のような大きなところでも鍼や漢方などの東洋的治療を行うところが増えてきています。東洋医学といえば、多くの方になじみが深いのが漢方です。西洋医学的薬剤のように化学的成分は一切使わず、天然成分だけを使用して調合されます。

身体のバランスを整え、それを取り戻すことで本来の健康を取り戻すことができます。もちろん多汗症にも効果があると言われる漢方薬もたくさんあります。

東洋医学では、個人個人の症状は全て違うものと考え、処方の内容も個人個人でもちろん違います。多汗症になりやすい体質は同じでもいろいろな違いがあるものです。

具体的な漢方を上げてみると、防已黄耆湯は代表的な多汗症用の漢方です。また特に肥満気味の方、暑くなると発汗が増えるような方に処方されます。

桂枝加黄耆湯は発汗量を抑えることができ、虚弱気味の体質の方によく処方されます。漢方は薬局、専門薬局、病院などで処方してもらえます。

漢方を一度試してみたいと思っている方は、相談しながら決めることが大切です。多汗症の専門的知識が豊富な薬局や病院で処方してもらうのが一番です。

漢方は副作用は少ないと言われていますが、高血圧の方が血圧を下げる薬を飲むように、間違ったものを飲むとやはり害が出ることはあります。

東洋医学では患者さんを診る時に、問診や望診、聞診等の診察を行います。身体のゆがみを見つけたり、症状が出ないうちから予防するためにもよい治療法です。

当サイトでお薦めしている「久保田式治療法」も東洋医学をメインにしており、自然に多汗症を根本から改善できる方法です。

また既に延べ2万人以上の方がこの治療法で症状を改善していますので、多汗症で悩んでいる方は一度実践してみることをお薦めします。

詳しい内容は下記よりご覧いただくことができますので、まずは一度詳細を確認してみてください。きっと、この治療法があなたの悩みを解決に導いてくれるはずです。

>>多汗症を7日間で改善するプログラム 久保田式治療法はこちらから



多汗症を7日間で治すことができる
久保田式治療法はこちら


治療ページ2


Copyright © 2017 多汗症を治す会 All Rights Reserved.